明日のご案内です。
浅草公会堂にて、第59回箏曲新潮会定期演奏会がございます。
箏曲新潮会は山田流箏曲の芸大卒業生による 演奏家団体で、年に1度定期演奏会を催しています。
私は今回「雲井弄斉」(中組歌)を、川村京子さんと二人で箏弾き歌いで 演奏させていただきます。
組歌はどんなに練習しても、何度演奏しても、その難しさはつきること無く、演奏技術もさることながら、精神面での修行も大きいですね。。
しかも、一番です 
新潮会で一番最初の組歌というプレッシャーは、これまでに経験無く、怖い反面、組歌といえども自由さも兼ね備えたこの「雲井弄斉」の世界をどのように表現出来るかも、楽しみの一つです。

歌詞

月と入ろやれ山の端に。
はなればなれの浮き雲見れば、あすの別れもあの如く。
思ひそめたよ濃き紫の袖は千入のわが涙。
忘れ草がな一本ほしや、植えて育てて見て忘りよ。

チケット 3000円
18:30開演 


お時間ございましたら、お出かけ下さいませ。

IMG_20150625_0001