昨日は前日の疲れも振り切って、東京へ。
下合わせと、夜のコンサート「邦楽器とともに-新しい日本歌曲の夕べ-」までの空いた時間に、三越でお買い物というフルコース!

娘の帰宅時間を気にしなくて済む日は、ついつい盛りだくさんに詰め込んでしまいます。

ちょうど、「赤毛のアン」特別展を三越でやっていて、朝の連ドラ「花子とアン」ファンとしてはやはり見逃せません!!村岡花子さんとアンの関わりをもっと知りたいなと。
最終日は前日で空いていたほうかな。

一巡り、終わりごろに私としたことが目頭が熱くなってしまったのです。激動の時代にこんなにも精一杯後世に残る仕事をやり通した生き方に感動しました!
ドラマより現実の方がよりドラマチックです。
「王子とこじき」、「フランダースの犬」なんかもこの花子さんの翻訳だったんですね〜。


特別展だし何か買いたいなあ〜とブラブラ。
娘はちょうど赤毛のアンを読む年頃。もうすでに読んだ〜なんていったけど、お土産に本を一冊買いました。
image


かわいいお菓子や手芸など、アンのお話のエピソードと一緒に載っていて、見ているだけでも楽しい気持ちになります!
実は私はメリーポピンズが大好きで、小さな本だったけど、こんな感じの本を自分で買って、見ているだけでも楽しかったなあ〜なんて思い出しました。


とその頃に足は歩き疲れてギブアップ。コンサート会場まで歩けないかと思うほど痛くて、靴を購入。RITZのコンフォートパンプスは、さすがに楽〜〜〜。
生き返った心地で、コンサートも楽しんで参りました!!